タフだけど夏はレベルを上げる絶好のシーズン。

 真夏のエリアフィッシングは、少々手強いタフなシーズンになります。冷たい水を好む冷水系のトラウトたちにとって、サマーシーズンのポンドの高水温は活性を下げてしまう大きな要因。人間同様にトラウトたちも夏バテをするのです。

「水温15℃までは、トラウトたちは元気な状態をキープしてくれます。でも、そこから徐々に水温が上がりだすと、活性は少しずつ下がり始め、18℃を超えると夏バテ状態。このあたりから、サマーシーズンに突入、といった具合になっていくわけです」と高田達也さん。

 しかし、サマーシーズンに入って暑さでトラウトたちはバテ気味とはいえ、全く釣れなくなるわけではありません。サマーシーズンのトラウトのコンディションを把握し、的確にパターンを組み立てていけば、必ずトラウトたちは応えてくれます。

「この季節、漠然と釣りをしていては、なかなか結果は出ません。パターンを模索しながら攻めていかないといけないわけですが、逆にいえば、スキルを上げていく絶好のシーズンでもあるんです。思うように釣れなければ、釣れない原因を探さないといけません。釣果を上げるには、常にいろいろなことを考えて釣らないといけないのがサマーシーズンで、これが、レベルアップさせてくれるんです」

 0611a.JPG

高水温が苦手なトラウト。エリアのサマーシーズンは少々タフになるが、パターンをキッチリと組み立てていけば、釣果は出せる。

活性を下げる要因を把握してポイント選び。

 サマーシーズンは、高水温が低活性の引き金になります。そして、もうひとつ、活性を下げるファクターが溶存酸素量の低下です。溶存酸素とは、水中の溶け込んでいる酸素のこと。水温が上昇することでこの酸素量が低下し、トラウトたちは息苦しさを覚えてしまうわけです。

「サマーシーズン攻略のひとつに、ポイントのセレクトが挙げられます。高水温と溶存酸素量の低下が活性を下げるわけで、このふたつがポイント選びでのキーになるんです」

 水温が上がりにくいところ、そして、溶存酸素の豊富な水があるところに、トラウトは溜まりやすくなります。水温が上がりにくい場所がシェード、そして、インレットなどの水がよく動く場所です。

「シェード狙いでは、日陰の中のど真ん中よりも日陰と日向の境目の辺りに、やる気のあるトラウトがいることが多いです。その周辺を重点的に攻めていくといいですね」

 水がよく動く場所は、水温が上がりにくいというだけでなく、酸素が多く溶け込んだフレッシュな水を供給してくれる場所。インレットやアウトレット、水車回りなど水のよく動く場所はサマーシーズンでは外せないポイントになります。

「水があまり動いていなくても、噴水や散水といった周辺にも、トラウトが溜まりやすいですね。水しぶきが水中へ酸素を供給してくれるので、溶存酸素量の多い場所になるんです」 

0611b.JPG

インレット。水の動きが激しく、水温は極端に上がらず、さらに、相損酸素が豊富な水が流れ込んでくる。

 0611c.JPG

散水や噴水回り。水があまり動いていないようでも、水面を叩く水しぶきによって酸素が水中に供給される。

0611d.JPG

シェード(日陰)と日向の境には、やる気のあるトラウトが溜まりやすい。その付近を重点的に探ってみよう。

コンディションの変化にも注意を払っておく。

 ポイント選びだけでなく、ポンドを取り巻く環境の変化にも、細心の注意を払っておきたいです。

「特に注意しておきたいのが風。風が吹いて水面が波立つことで、水中に酸素をたくさん供給してくれるようになります。それまでニュートラルになっていたトラウトたちが、急にルアーへの反応がよくなりだすことも珍しくありません」

 風が吹いてきたら、チャンス到来の合図。表層付近を徹底して狙っていくようにします。このほか、太陽に雲がかかり日照が弱くなったタイミングでも、急に表層付近にいたトラウトの活性が上がることもあります。

「周囲のコンディションのちょっとした変化を見逃さず、それに合わせて臨機応変に狙っていくことも、サマーパターン攻略ではとても大切なことになります」

フィネスとリアクションを使い分けて攻略。

 ルアーでの攻め方は2パターンあります。デッドスローに動かし、じっくりと見せてバイトを誘うパターン。もうひとつが、シャープでスピーディーな動きのリアクションで狙うパターン。静と動の両極端で攻めていくのが、サマーシーズンのセオリーになります。「夏バテのトラウトはルアーに反応しても、それを速く長く追ってくることはありません。

ですので、トラウトが追いつけるスローな動きで誘うのが鉄則になります。巻きのスピードが速いと、すぐに諦めて追うのをやめてしまいます。ルアーへの反応が鈍く、あまりやる気のないニュートラルになっているトラウトに対しては、目の前をゆっくりとルアーを巻いてきても興味を示しません。こんなときは、強制的にスイッチを入れるリアクションが効果的なんです」

 デッドスローでフィネスに攻めていくときには、マイクロスプーンやクランクベイトを使います。ただし、フルサイズのクランクベイトだと、波動が強すぎて逆にプレッシャーをかけてしまうこともあります。クランキングでは、そのあたりにも気を付けながら使うようにしたいです。リアクション狙いのルアーがミノーやボトムバイブ。いわゆる操作系のルアーです。ジャークやトゥイッチ、ボトムバンプなどのシャープな動きでリアクションバイトを狙っていくのですが、このときに注意してほしいのが移動距離。キレのある動きは重要ですが、その時の移動距離が長いと、すぐにバイトするのを諦めてしまいます。キレはあるけど移動距離の短いアクションを入れた後は、ちょっと長めのポーズを入れて喰わせるタイミングを与えてあげることが重要になります。

「攻め方のローテーションは、最初はスローな釣りで狙っていきます。それである程度釣り切ったと思ったら、リアクションの釣りにスイッチします。初めにリアクションの強い釣りからスタートすると、そうでなくてもタフになっているトラウトたちにプレッシャーを与えてしまうことになりかねません。それともうひとつ。トップウォーターもサマーシーズンには必須のルアーになることを覚えておいてください。活性が上がって表層に集まりだしたタイミングでは、ポッパーを使いたいですね。夏場は水面上を飛び交う虫も多くなりますし、水面に浮くものに対して興味を持っているんです」

体調管理に気を配り、快適に釣りをすることも夏の攻略術。

 ここ数年、猛暑が続いています。トラウトも暑さでバテ気味ですが、アングラーも暑さに備えてエリアフィッシングを楽しみましょう。

「小まめに水分を補給するなど、熱中症には十分に気を付けてください。猛暑の中で釣りをするときには、体調管理を怠らない。これもサマーシーズンを攻略するうえでの大切なことです。

2回目はシーズンとタックルをご紹介。

 ビギナーやエントリーアングラーのために、渓流ルアーフィッシングをわかりやすく解説。前回はこの釣りの魅力とルール&マナーを小林将大さんに解説していただきました。後編となる今回も、小林さんに引き続き解説していただきます。後編では渓流ルアーフィッシングのシーズン、そして用意しておきたい装備やタックル&ルアーについてご紹介します。

フィールドとトラウトのコンディションは季節ごとに変化。

 ほとんどの渓流には解禁期間と禁漁期間が設けられています。言うまでもなく禁漁期間は、釣りをしてはいけません。河川によっては若干の違いがあるものの、多くが31日から9月いっぱいが解禁期間。つまり釣りをしてよい時期になり、これが渓流ルアーフィッシングのシーズンになります。ただし、一部の川ではCR(キャッチ&リリース)区間という特別な場所とレギュレーションを設けていることがあります。こちらは、禁漁期間であっても釣りができることがあります。

C&Rでのルアーフィッシングは、本格的な渓流とはまた一味違った魅力やおもしろさ、楽しみ方があります。こちらのC&Rに関しては 、機会があったらご紹介させていただきます」

 さて、本題の渓流ルアーフィッシングのシーズンに戻りましょう。解禁期間は約7か月間。この間、シーズンイン直後から終盤まで、魚たちも川のコンディションもすべて同じというわけではありません。季節ごとの変化の特徴や狙い方、いわゆるシーズナルパターンを解説します。

初期

 解禁から、桜が咲き出すころまでが初期になります。「解禁に入ったばかりは、なんとなくよく釣れそうな気がしますよね。でも、意外とこの時期は難しいんです」

 小林さんのいう難しい理由は、まだ水温が上がり切っていないから。3月に入れば春の気配を感じるようになってきますが、寒い日も多く、水温は冬期のままで上がり切ってこないからです。冷たい水を好む冷水系の魚であるトラウトといえども、一桁台の水温では活性はなかなか上がってこず、ルアーへの反応も鈍いシーズンです。

中期前半

 初期から中期の前半に入るタイミングは何月のいつごろ、といった具体的な日時では決めません。小林さんの場合は、桜の開花でそれを判断しています。

「それぞれの河川は場所も違えば標高も違います。ですので、中期に入る時期が早いところもあれば遅い川もあるんです。桜の開花も、全国一律で咲き始めるわけではありませんよね。桜の開花と中期に入るタイミングが一緒のことが多いので、私の場合は、それを判断基準にしているんです」

 桜が開花し出せば、そろそろ中期に入る時期とワクワクし、満開になったところで中期前半に突入したと判断します。葉桜から新緑が彩る5月に近くになれば、トラウトたちの適水温である1214度にまで水温は上がってきます。

「この中期前半に入ってから5月の下旬までは天候は安定しているし、シーズンで一番釣りやすい時期だと思います」

 そして、梅雨に突入していくと、トラウトたちの活性はさらに上がってきます。ちなみに、四国地方ではアマゴのことを『雨子』と書くことがあります。雨が降ると元気になる、というのが雨子と書く由来ともいわれています。

「桜が満開になってから梅雨までの中期前半は、非常に釣りやすいシーズンです。渓流ルアーにエントリーするのならば、この時期が一番いいと思いますよ」

中期後半

 梅雨が明けてから8月下旬までの盛夏が中期後半になります。このシーズンは、暑さによって水温が上昇。また、渇水も起きやすい時期なのでフィールドコンディションはあまりよくなく、少々難しい時期になります。

「河川選びが重要になってきます。冬に積雪の多い雪山を抱えた河川は、極端な水温上昇は起こしにくく、トラウトたちもそれほどタフにはならないですね。源流に近い上流域も水温の上昇はそれほどではないんですけど、渇水によってフィールドのコンディションが悪くなってしまうこともあります」

 暑さと渇水がネックになり、中期の前半よりも厳しいコンディションになりがちなのが後半の特徴です。

終盤

 9月初旬から禁漁までが、終盤のシーズンになります。真夏の高水温も峠を越えて活性を取り戻してきた個体もチラホラと出てきます。すべてのトラウトたちがルアーをよく追ってくれるわけではありません。また、終盤に入るとトラウトたちは産卵を意識し出す個体も現れ、ルアーに興味を示さなくなることがあるのです。

「秋はトラウトたちの産卵シーズンです。ルアーに反応させるのが難しくなってきます。この時期にルアーに反応するのは小型のトラウトが多いのですが、30㎝を超える尺モノが釣れることもあります。また、婚姻色も出て他のシーズンでは目にできない、きれいな魚体を観察することもできます。終盤ならではの魅力がいくつもある楽しい時期です」

 時期によってコンディションは変わります。同じ渓流でも、楽しみや魅力が変化していくのも、渓流ルアーフィッシングのおもしろいところでもあるのです。

コバA (1).jpg

季節によって、フィールドだけでなく魚たちのコンディションも変化する。シーズナルパターンは確実に把握しておきたい。

同じトラウトでもエリアとは異なる装備とタックル。

装備

 日常とはかけ離れた深い自然の中で釣りを楽しむために、装備はとても重要になります。「快適に釣るというだけでなく、安全面にも直結します。渓流では水に立ち込んだり渡河したりすることが多く、身の回りの装備ではウェーダーは必須になります」

 ウェーダーは胸まであるチェストハイタイプがよいでしょう。また、ウェーダー選びではサイズも重要になります。渓流では一日の移動距離が34㎞になることも珍しくはありません。行動しやすいサイズの一着を選ぶようにしたいです。

ロッド

 タックルでは、ロッドがとても重要になってきます。

「よく『エリアロッドは使えますか?』といった質問を受けることがありますが、『渓流ルアー用のロッドを使うようにしてください』と答えています。整備されたエリアと深い自然の中にある渓流との環境は大きく異なり、同じトラウトを狙うためのロッドでも釣りやすさが全く違ってきます」

 渓流用ルアーロッドとエリア用ロッドとの一番の違いは、長さです。周囲がオープンになっているエリアでは56フィートが主流ですが、渓流用では4フィート8インチ~5フィート3インチ(142160㎝)が主流のサイズになります。渓流では頭上に木が覆いかぶさっているなど、スペースの狭い場所は少なくありません。そんな場所でもキャストに支障が出ないように、短めのサイズが必要になってきます。

「パワーもエリア用とはかなり違います。35gのルアーが投げやすいアクションとパワーになっています。ヒットしてからも、急流の中で暴れるトラウトを寄せてきやすい追従性を備えています。エリア用ロッドよりも、全般的に張りは強いです。張りの弱い柔らかめのロッドだと、根掛かりが多くなりやすいんです。張りがあると、ルアーを障害物から回避する性能も上がって、根掛かりのリスクは確実に軽減されます」

ルアー

 ルアーは、シンキングタイプのミノーが、渓流ルアーの主役になります。

「ミノーのサイズは5㎝、4.5㎝、4㎝の3サイズを用意しておくといいでしょう。川幅の狭い場所では4㎝、里川などちょっと川幅の広いような川ではアピールを強めたいので5㎝、といった具合に使い分けたいですね」

 ミノーではフックの選び方にも、ちょっとした注意が必要です。マイクロバーブを採用したシングルフックの場合、フッキングミスが少々多くなりますが根掛かりは少なくなります。トレブルの場合は、フッキングさせやすくなる反面、根掛かりは多くなります。

「それぞれに一長一短ありますが、ビギナーの方にはシングルフックをオススメしています。根掛かりが少なくなる分、ポイントに対して根掛かりを恐れずにアグレッシブに攻めていくことができるんです。攻める意識を強く持って釣りをした方が、上達は早くなります」

 ルアーでは、ミノーの他にもうひとつ用意しておきたいタイプがスピナーです。水流を受けるとブレードが回転し、トラウトに強くアピールしてくれます。ただ巻きのステディリトリーブが基本で、ビギナーアングラーでも使いやすいのが特長です。

 タックルとルアーは、渓流専用を使った方が釣果のアップが望めますし、何よりも上達が早くなります。

コバA (2).jpg

整備されたエリアと自然の渓流とでは、環境が全く違う。自然渓流の中でも扱いやすいロッドを使うようにする。

コバA (3).jpg

ロッドやルアーのタックルだけでなく、装備も大切。快適に釣りだけでなく安全性にも直結する。

釣果以外の楽しさも凝縮された釣り。

 ルアーフィッシングのターゲットは様々で、いろいろなスタイルがあります。その中のひとつである渓流ルアーフィッシングの魅力や基礎知識を、小林将大さんがビギナー向けにわかりやすく解説します。

「渓流のトラウトゲームは、釣果だけに一喜一憂するのではなく、他にもたくさんの魅力が詰まった釣りです。この魅力の多さが、私を渓流トラウトゲームの虜にするんです」

 オープンで開けている里川、頭上を木々に覆われてうっそうとした深い渓谷まで、自然の中にどっぷりとつかって魚との一期一会を堪能する渓流ルアーフィッシング。エントリーするには少々敷居の高い釣りと思っているアングラーは少なくないようですが、決してそんなことはありません。この渓流ルアーフィッシングを2回に分けてわかりやすくご紹介します。

小林1.JPG

小林さんの心を動かす、いくつもの魅力

 豊かな自然に包まれ、その中に溶け込むようにして釣りを堪能できるネイティブ感が、大きな魅力のひとつ。

「深い自然の中に入ると五感が研ぎ澄まされ、喧噪のある日常では絶対に味わえない爽快感や癒され感が得られます。豊かな自然の中で釣りをするって、本当に気持ちがいいんです」

 もうひとつの大きな魅力が、日本固有の在来種との出会いがあること。イワナやヤマメ、アマゴといった古来より日本に生息する魚たちに出会えて、また、同じイワナでも川によって生態に若干の違いがあったりもします。釣れた魚たちをじっくりと観察するのも渓流の釣りならではです。

「渓流の水はクリア。きれいな水に癒されますし、ルアーを追ってきて喰いついた瞬間を目の当たりにすることができます。岩陰から魚が出てきた瞬間は至福の気持ちになるし、それがルアーにバイトしたときには一気にエキサイティングな気分にさせてくれます」

一度、渓流ルアーフィッシングにトライしてみてください。そのおもしろさに魅了され、虜になるはずです。

小林4.JPG

渓流で楽しむためのルールとマナー

 他のジャンルすべての釣りには、ルールやマナーが存在します。渓流のトラウトゲームにもルールやマナーはありますし、他の釣りにはないちょっと特殊なルールもあるのです。安全に、また、他のアングラーとのトラブルを起こすことなく楽しく釣りをするためにも、ルールやマナーは確実に頭に入れておいてください。

先行者がいた場合

「ルアーフィッシングに限らず、エサ釣りでもそうなんですけど、例えば渓流釣りには『頭ハネ』というマナー違反というか、暗黙の了解があります。これを理解せずにいると、他のアングラーさんとのトラブルになりますので、必ず守るようにしてください」

 自分よりも先に先行して釣りをしているアングラーがいた場合、この人を追い抜いて釣りをする行為がマナー違反。これは前述した頭ハネで、後から入ってきたアングラーが先行者よりも先に釣り上がり、上流のポイントを釣り荒らすことです。渓流では、下流から上流へ向かって移動しながら釣り上がっていくのが基本になります。警戒心の強い渓流魚たちにアングラーの気配などを察知されにくくするため、釣り上っていくのです。ところが、先行者を追い抜いて上流側で釣りをすれば、その先行者がこれから釣りをしようとしている場所を荒らしてしまうことにつながります。先行者からすれば、頭ハネはこの上ない迷惑行為であり、これは渓流釣りの世界ではしてはならないことです。

「先行者がいて、それよりも上流で釣りをしたい場合、どれくらいの距離を開けておけばよいか、ということを知っておいてほしいです。何100m以上といった明確な距離の線引きはありませんが、私が常に気に留めているのが3㎞以上は間隔をあけるということ。なぜ3㎞なのかというと、渓流を釣り上っていく移動距離おおむね45㎞になります。ですので、それだけの距離を開けていれば先行者が釣りをするエリアと被らない、と考えるからなんです」

 オープンエリアで比較的川幅の広い里川であれば、3㎞まで間隔を開けなくてもよいのですが、川幅の狭い上流域に至っては、小林さんのいう距離を開けておくようにしたいですね。

駐車スペース

渓流の釣りに限ったことではありませんが、駐車スペースに関するトラブルも多くあります。必ず、他のクルマの通行の妨げにならない場所へ止めるようにします。また、私有地への駐車も厳禁です。

「その河川を管轄する漁協では、漁協が管理する釣り人のための駐車場を用意しているところもあります。特に初めて釣行するような川では、そこの漁協に情報の確認をしてみて、駐車場の有無やどこに停められるのか、といったことを聞いておくとよいですね」

熊鈴

 自然の懐深くまで入って釣りをする渓流ルアーフィッシングでは、クマとの遭遇も珍しいことではありません。クマとの鉢合わせを防ぐために、自分(人間)の存在を熊に気づかせる熊鈴は、用意しておきたい安全アイテムです。しかし......

「熊鈴をつけるタイミングと場所に注意してください。早朝、熊鈴をジャンジャン鳴らしながら、民家の近くを歩いたりすると、住民の方たちにとっては、朝っぱらからうるさいと感じるはずです。民家の近くを通るときには熊鈴は外し、入渓したタイミングでそれを装備する。そんな思いやりのマナーも必要です」

小林3.JPG

釣りの時間帯

 本州のほとんどの河川では、実釣できる時間帯を日の出から日の入りと決めています。しかし、小林さんはお昼過ぎの13時までには脱渓してほしい、といいます。

「山の天気は変わりやすい、とよく耳にしますよね。山間を流れる渓流も山の一部であり、天候が変わりやすいのです。特に、午後になると、天候の急激な変化が起きやすくなります。午前中は雲ひとつない快晴だったのが、午後になって急に雲が湧き出して激しい雨に見舞われる、といったことも珍しくはありません。そんなリスクを回避するためにも、13時までには釣り場を後にしてほしいんです」 

小林2.JPG

安全第一で渓流ルアーフィッシングを楽しみましょう!

今回は、渓流ルアーフィッシングの魅力とルール&マナーにフォーカスして解説しました。次回はシーズンや装備、タックルにスポットを当てて解説いたします。そして、最後に小林さんからひと言アドバイス。

「とても魅力的な釣りです。でも、無理はしないでください。自然は美しいというだけでなく、ときには厳しい表情を見せることもあります。無理をせずに、安全第一で楽しんでください。特に単独で釣行するときには、あまり自然の奥深くまで入り込んでいかないこと。川のすぐ近くに道路が走っているなど、何かあった場合でもすぐに道路へ出られるような川を選んで、釣りをしてください。道路がすぐ横を走っているような川でも、渓流魚たちは生息しているんです」

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30